『企業の仮想データ統合を実現する』 スマートインサイト株式会社 SMART/InSight Corporation

Mugen

開発プロセスの最適化と効率化

Mμgen Product360 開発プロセスの最適化と効率化 (フロントローディング)

p360_c


設計、開発、試験、プロセス設計、生産の各工程において、「コストの発生」は、生産が製品ライフサイクル全体の85%占めます。


一方、「コストの確定」は、設計と開発で全体の80%を占めます。
設計/開発の段階で、製品ライフサイクルコストの80%が確定するため、この段階を最適化/効率化することが非常に重要になります。
製品の品質は、「設計/開発/評価」の後半から「生産準備/生産」の前半までに数多くの設計変更を行うことにより高められます。


不具合の発生による品質ロスコストは、「設計/開発/評価」で発生した場合のコストを1とした場合、「生産準備/生産」は10倍、「市場」では100倍にもなります。
設計の初期段階において問題を解決する「フロントローディング」が必要であり、フロントローディングには、「シミュレーションによる事前の検証」、「設計時に必要な情報/知見の活用」の二つの方策があります。
Mµgenは主に「設計時に必要な情報/知見の活用」をカバーすることになります。


製品開発業務において、実施に開発作業を行う直接業務の比率は40%であり、間接業務の比率が60%を占めます。
情報収集/検索の迅速化、情報の参照漏れの防止/気づきの向上による不具合対応/やり直しの低減、同一情報の参照によるコミュニケーションミスの低減により間接業務の効率化を実現できます。
間接業務の効率化によって、フロントローディングを行うための開発力を確保するだけでなく、新たに生み出された開発力により、顧客の利用状況を把握したより良い製品の開発を行うことができます。

  • facebook
  • Twitter
  • hatena
  • evernote

無償ハンズオンセミナー
カタログ一覧
Pマーク