『企業の仮想データ統合を実現する』 スマートインサイト株式会社 SMART/InSight Corporation

Mugen

バンダイナムコエンターテインメント株式会社様導入事例ゲームコンテンツ品質管理における統合データ基盤の構築

目次

  • 品質保証部門の課題は肥大化するシステム構築コスト
  • 5つの業務システムとファイルサーバーからなる統合データ基盤構築
  • 6ヶ月で全社的なセルフマネジメントを可能にしたデータ分析プロジェクト
PDF版はコチラ ⇒ 各種カタログ
blanding

バンダイナムコエンターテインメントは世界中のお客様が笑顔でいられるような「アソビきれない毎日を。」の実現を目指し日々進化を続けています。グループのゲーム事業会社としてバンダイナムコゲームスを設立してから10 年を経て、2015 年にはバンダイナムコエンターテインメントと社名を変更し、ゲーム事業にとどまらず多様なエンターテインメント分野への事業領域の拡大を目指し、グローバルでスピーディな事業展開が求められています。

グループとしては2015年からの3カ年計画において中期経営目標としてROE10% がかかげられています。Mμgen®を導入した主管部門である品質保証部では、グローバルにお客様満足を維持してゆくためのサポートコストの増加をバンダイナムコエンターテインメントにおいて抑えてゆくことや、ネットワークコンテンツの品質維持と品質対策コストを最適化してゆくことが経営戦略に貢献するためには重要なミッションであり、収益貢献策として多様なマネジメントポイントを指標化して管理するための仕組み作りが必要とされていました。特にネットワークコンテンツが置かれている状況は日々変化しており多様なニーズにスピーディーに応えるという挑戦が続き、多様な指標を管理してミッションを効果的に遂行するためのデータ分析戦略を策定していました。

品質保証部門の課題は肥大化するシステム構築コスト

品質保証部門ではコンタクトセンター総括とネットワークコンテンツ品質管理が主要な業務です。この業務を支える基幹システムとB Iシステム合わせて5つのシステムがメインの業務システムとして稼働しています。また業務システムと併用しているファイルサーバーには多様な情報が収められ日々の業務が進められています。この中で品質保証部門の業務目標を支えるためのデータ分析戦略として、ビジネス上の課題をタイムリーにこなせるデータ分析システムの導入が必要であるという企画が立案されました。

  1. 顧客問い合わせ状況やサポート状況のきめ細かい把握(問い合わせ数、内容、対応要員、対応時間、タイトル毎の課題状況など)
  2. 顧客対応とサービス(コンテンツ・製品)に関わるきめ細かいコストの把握
  3. 顧客対応や製品対策の経験や情報を蓄積し、共有することで組織対応力を上げる仕組み作り
  4. 約1,000名の組織要員が各々のKPIをセルフマネジメントとする仕組みを構築し、自らが業務レベルを向上させ、組織全体の業務水準を上げてゆく

事業推進室品質保証部 鶴谷ゼネラルマネージャー

bne_h1

当社の品質保証領域に関わるデータが分散しており、今迄は顧客対応業務などの改善に必要な情報をタイムリーに入手する事が困難でした。そこで業務ユーザ自身が簡単にデータ統合を行い、セルフでの分析まで可能なMμgen® を導入しました。
基幹系システムやログデータなど様々なタイプのデータを取り込んでいける拡張性があるため、社内だけでなく関係会社やグローバルな環境でのデータ共有・分析基盤としての活用を期待しております。

プロジェクト発足に際して、データ分析システム構築のためにデータウエアハウスの構築、デスクトップBIツールの導入というアプローチを計画し、製品選定を進めていました。しかしながら全社的に多様なKPIを設定し、これをセルフマネジメントして各々の業務目標を自らが改善するという、データ分析戦略を支える仕組み作りを進めるとシステム構築コストが非常に大きくなるという壁にぶつかることとなりました。

一般的なBIツールで1人1ライセンスを全社展開する場合には非常に高価になります。また部分的に構築済だった簡易的なB Iシステムがあり、このシステムのスクラップ&ビルドという選択肢も非常に高価なものになるという試算結果が出ていました。さらには各々社員の経験値を共有するためには、ファイルサーバーにあるドキュメントなどの情報もKPI管理と同時に見ることができるようにするという要望もありました。

事業推進室品質保証部顧客対応2課 小野マネージャー

bne_h2

ネットワークコンテンツの品質保証領域に関わるデータは様々なシステムに分断されており、見るべきデータも定期的に変更されます。かつ、データベース等の構造化データだけではなくOfficeファイル等の非構造化データも分析対象としたいため、従来のBIでは機能面や柔軟性、簡易性、コストなどの理由で実現が困難でした。
スマートインサイト社のMμgen® は従来のBIでは実現できなかった” 分断された情報ソース” の迅速かつ柔軟な分析を行うのに適していると感じました。

5つの業務システムとファイルサーバーからなる統合データ基盤構築

すでに構築されているB Iシステムと業務システムのデータを対象にし、かつファイルサーバーに蓄積されてゆくドキュメント類へも迅速にアクセスするという複雑な要望に応えられる製品としてバンダイナムコエンターテインメント品質保証部はスマートインサイト社からの提案でMμgen® を選択しました。

プロジェクトの推進にあたっては、BI構築のモデル的な業務分析手法を採用し、業務目標の設定とKPIの設定、不足するデータの割り出しと補完を行ってゆきました。5つの業務システムとファイルサーバー、更にKPIマネジメント上必須のデータソースが付け加えられMμgen®の仮想データ統合により、統合データ基盤が作り上げられています。この基盤をもとに50 以上のデータモデル及びダッシュボードが各々のマネジメント目的に合うように柔軟に作成されています。

6ヶ月で全社的なセルフマネジメントを可能にしたデータ分析プロジェクト

各々の社員が自らのKPI を可視化してモニタリングするだけでなく、KPI に変化があった場合にはダッシュボードの連携を実現するデータチェーン機能を利用して関連するデータを即座に分析して原因追求ができるようになりました。また50 以上のデータモデルやダッシュボードがあると、どこに自分の必要とするデータがあるのか、どのダッシュボードを見ればよいのか分かりにくくなりますが、Mμgen® ではWeb 検索と同様に必要なデータやキーワードを入れるだけで関連データが可視化されたダッシュボードを表示することができるため情報がサイロに陥らず、また容易に必要な情報を共有することも可能になりました。

事業推進室品質保証部顧客対応2課NE係 山田係員

bne_h3

このシステムは、スマートインサイト社から提案のあったAWS(Amazon WebService) を利用して、Posgre SQL、Solrなどと共にMμgen® を稼働させて運用コストの最適化を図りました。セキュリティ面にも配慮しています。
プロジェクトはスタートから6 ヶ月位で終わり、2016 年6 月から、全社員へ公開して品質保証に関係のあるメンバーがKPI を自ら管理したり、データ分析する基盤システムとして動き始めています。

PDF版はコチラ ⇒ 各種カタログ
  • facebook
  • Twitter
  • hatena
  • evernote

無償ハンズオンセミナー
カタログ一覧
Pマーク