『企業の仮想データ統合を実現する』 スマートインサイト株式会社 SMART/InSight Corporation


2014年07月15日スマートインサイトはクラウド版のSMART/InSight® Cloudを開発いたしました

2014年7月15日

スマートインサイトはクラウド版のSMART/InSight® Cloudを開発いたしました
新サービスはAWS Summit Tokyo 2014に出展されます

スマートインサイト株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:町田潔、以下スマートインサイト)はアマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)のAmazon CloudSearchを利用したクラウド版のSMART/InSight Cloud(仮称)を開発いたしました。
SMART/InSightはオンプレミスの世界においては製造業を中心に分散データ統合可視化ツールとして広くご利用いただいてまいりました。この度、クラウド上のデータに対応し、コストを抑え、幅広い業務でご利用いただけるクラウドベースのアプリケーションとして発表する運びとなりました。サーチエンジンとしてAmazon CloudSearchを採用し、クラウドベースの課金モデルとあらかじめ用意されたテンプレートにより柔軟な横断検索、情報の可視化を実現いたしました。また、情報量に応じた柔軟なシステムを構成し、コストを抑えることができます。今回は以下3つのサービスをテンプレートとして発表し、今後さらに追加拡充して行く予定です。3つのテンプレートは各々独立したクラウドサービスとしてご利用頂く事ができ、本年9月以降順次サービスを開始してまいります。
この度発表いたしますSMART/InSight Cloudサービスは以下の通りです。

1.Real-Time M2M Analytics(仮称)

Amazon Kinesisにてデバイスやセンサーから収集されたリアルタイムデータを即時にAmazon CloudSearchとSMART/InSight Cloudにて可視化いたします。
●機能
リアルタイムストリーミングデータの収集、分析を実現
DB Explorerのテンプレートを使い分析スキームを作成
●特徴
今まで活用できていなかったログデータ等を有効利用
ストリーミングデータ分析だけでなく、関連データやマスター等の基盤情報と統合し、総合的に分析可能
 
 

2.DB Explorer(仮称)

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS)やAmazon Simple Storage Service (Amazon S3)などのクラウド上のデータベースをまたがり統合し、それらを横断した情報の可視化を実現いたします。
●機能
様々なデータを仮想的に統合し横断的な活用を実現
ユーザーの業務に最適化した検索・分析画面を提供可能
Amazon CloudSearchに対応することで、拡張性と信頼性を強化
データソースの単位でセキュリティを確保
●特徴
クラウド上のデータベースを簡単に仮想統合し、迅速にサービスを開始
用意されたウィジェットを利用し、簡易に画面・グラフ設計が可能なツールを提供
データ統合から可視化までを実現
 
 

3.Document/Page Search & Collaboration(仮称)

Amazon S3上のデータを迅速に検索することができます。結果をドキュメント単位で表示するDocument Search & Collaborationとページ単位で表示するPage Search & Collaborationがあり、お客様にはどちらかをご選択いただきます。それぞれはドキュメント、またはページ単位にコメントやディスカッションを付加することができます。オンプレミスシステムでは処理時間などの制約条件が存在したページ単位でのサーチという新しい使い方をご利用頂けることとなりました。
●機能
利用するユーザーが探したい(ウォッチすべき)情報をサムネイル・プレビューで素早く表示
キーワードで素早く検索し、検索結果から多様な角度で絞り込み検索が可能
発見したページの内容を同時にサムネイルで表示、プレビューでも確認
ページの内容からコメントを入力し、ディスカッションも可能
●特徴
分散しているオンプレミス・ファイルサーバをクラウド上に統合し、運用の手間を省きコストを削減
Amazon S3上のファイルをダウンロードする事なく、ドキュメント/ページ単位で検索及び内容確認
ドキュメントにコメントやディスカッションを付加し、知見を共有
 
 
上記3つのサービステンプレートは7月17日と18日、グランドプリンスホテル新高輪で開催されますAWS Summit Tokyo 2014において展示とデモンストレーションを行います。特にReal-Time M2M Analyticsのデモでは、展示会場に設置されたBeacon(発信装置)により来場者のスマートフォンからリアルタイムに位置情報をAmazon Kinesisに送り、SMART/InSight Cloudにより展示会場での人の分布図をご覧いただきます。
■スマートインサイト株式会社について
SMART/InSightは部門やシステムの垣根を越え、様々な情報、経験、知識を360°捕捉するエンタープライズアプリケーションとして、2004年より開発、販売を行い、今日に至るまで企業の製品力、顧客力、情報力を向上させるソフトウェアとして多くの大手企業様に採用されてまいりました。2013年10月4日、同事業はウチダスペクトラム株式会社より新設分割されスマートインサイト株式会社として活動を開始いたしました。スマートインサイト株式会社はクラウドやビッグデータ市場での製品展開や海外事業にも着手し、拡大、多様化する情報の有効活用を図るアプリケーションソフトウェアをご提供してまいります。
■商標について
SMART/InSightはスマートインサイト株式会社の登録商標です。Product360、Customer360、Knowledge360はスマートインサイト株式会社の登録商標です。他の製品名、サービス名は各社の商標です。
アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、AWS、Amazon CloudSearch、Amazon Kinesis、Amazon RDS、Amazon S3およびAmazon Web Services ロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
■本件に関するお問い合わせ先
スマートインサイト株式会社
マーケティンググループ/クラウドビジネス開発グループ
財前 潮/藤井 敏雄
TEL : 03-5823-4609
E-mail:marketing@smartinsight.jp

  • facebook
  • Twitter
  • hatena
無償ハンズオンセミナー
カタログ一覧
Pマーク