『企業の仮想データ統合を実現する』 スマートインサイト株式会社 SMART/InSight Corporation


2015年01月15日スマートインサイトはSMART/InSight® G2 V2.6.0を出荷開始いたします

2015年1月15日

スマートインサイトはSMART/InSight® G2 V2.6.0を出荷開始いたします
旭化成エンジニアリング株式会社開発のファクトリーパフォーマンス
マネジメントシステム(FPM)に採用されTPM®優秀商品賞を授与されました

 スマートインサイト株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:町田潔、以下スマートインサイト)はSMART/InSight G2の新バージョンV2.6.0を出荷開始いたします。
SMART/InSight G2は構造化データ、非構造化データを超えた分析を可能にするサーチアプリケーションとして製造業を中心にご利用いただいてまいりました。 新バージョンのキーコンポーネントとして大容量の数値集計機能を多次元ナビゲータとして実装し本格的な分析アプリケーションとしてリリース致しました。
 本バージョンは、旭化成エンジニアリングにて、工場現場の操業管理システムデータやファイルサーバにあるExcelファイル、あるいは基幹系システムデータから工場内のロスコストを分析するアプリケーションである「ファクトリー パフォーマンス マネジメント システム」FPM(Factory Performance Management)に採用され効率的な工場ロスコストマネジメントを実現しています。多次元ナビゲータ機能により手作業で2か月かかっていた集計が従来と同じフォームで容易に作成可能となり、クロスタブ(任意の項目を選択し二次元で集計)やデータチェーン(他のデータベースにあるトラブル要因への横断検索)によりロス要因を発見・分析することが可能となりました。本システムは昨年12月、公益社団法人日本プラントメンテナンス協会主催の「2014TPM®優秀商品賞—開発賞」を授与されました。


多次元ナビゲータは製造業においてはロスコストの分析以外にも、品質分析や、設計分野におけるトラブル要因分析時の各種集計作業、調達コスト分析などの分野での利用が期待されています。また流通・小売りサービス業でも顧客情報分析の分野での利用が期待されています。
SMART InSight G2 V2.6.0では多次元ナビゲータに加え、インストーラの改善、File Crawlerの機能アップ、ユーザービリティの向上などが図られ、エンドユーザのみならずシステム運用者の使いやすさに配慮された製品となっております。

 

■ スマートインサイト株式会社について

SMART/InSightは部門やシステムの垣根を越え、様々な情報、経験、知識を360°補足するエンタープライズアプリケーションとして、2004年より開発、販売を開始し、今日に至るまで企業の製品力、顧客力、情報力を向上させるソフトウェアとして多くの大手企業様に採用されてまいりました。2013年10月4日、同事業はウチダスペクトラム株式会社より新設分割されスマートインサイト株式会社として活動を開始いたしました。スマートインサイト株式会社はクラウドやビッグデータ市場での製品展開や海外事業にも着手し、拡大、多様化する情報の有効活用を図るアプリケーションソフトウェアをご提供してまいります。

 

■ 商標について

SMART/InSightはスマートインサイト株式会社、登録商標です。Product360、Customer360、Knowledge360はスマートインサイト株式会社の商標です。他の製品名、サービス名は各社の商標です。

 
■本件に関するお問い合わせ先
スマートインサイト株式会社
マーケティンググループ
財前 潮
TEL : 03-5823-4609
E-mail: marketing@smartinsight.jp

  • facebook
  • Twitter
  • hatena
無償ハンズオンセミナー
カタログ一覧
Pマーク