『企業の仮想データ統合を実現する』 スマートインサイト株式会社 SMART/InSight Corporation


2014年10月21日Cloudera World Tokyo 2014に出展しました

CLOUDERA WORLD TOKYO 2014に出展しました

CLOUDERA WORLD TOKYO 2014

2014年11月6日(木)ウエスティンホテル東京にて開催されましたCLOUDERA WORLD TOKYO 2014に出展いたしました。
■ 主催: Cloudera株式会社
■ 特別協賛: インテル株式会社
■ 会期: 2014年11月6日(木)10:00~20:00
■ 会場: ウェスティンホテル東京 B2F (メイン会場:ギャラクシ)
■ 展示内容:
SMART InSight Big DataはCloudera Searchを利用することで、Hadoopで処理されたデータを他のデータベースと統合し有効に活用することができます。今回は以下の2つのソリューションを展示いたしました。
Product360
IoTやECU等の外部からの情報をビッグデータ処理基盤で処理し、それらを設計データや品質データ等の社内にある既存データと連携し、品質に対する迅速な対応や、設計業務の効率化を推進いたしました。
Customer30
SNSやIoTを駆使したO2O等の為のビッグデータ分析処理基盤で処理したデータと顧客データベースや売り上げデータなどの社内にある既存データを連携し、マーケットでの動きを俊敏の取り込んだ販売活動を支援します。
詳細はこちら

Cloudera World Tokyo 2014 分科会講演

■ 日時: 2014年11月6日(木)15:25~16:05
■ タイトル:ビッグデータをインテリジェントに活用する情報基盤SMART InSight Big Data
■ 講師: スマートインサイト株式会社 代表取締役社長 町田 潔
                   コンサルタントオフィス ディレクター 万代 豊
■ 内容: ビジネスの現場では企業としてのAgilityを確保するため、経営層から実務層まで必要な情報を迅速に抽出・分析しそれに基づいた行動をとることが必要とされています。一方でそれらを実現するにあたり、専門家でなくても利用可能で、コストを押させた技術基盤が必要とされています。SMART InSight Big DataはClouderaのHadoopとCloudera Searchを使い、ビッグデータを他のデータベースと統合し、俊敏に可視化することが可能です。SMART InSight Big Dataが提供する価値とそこで使われているテクノロジーをご紹介いたします。
■ 会場: ウェスティンホテル東京 KAEDE2 (B1F)

  • facebook
  • Twitter
  • hatena
無償ハンズオンセミナー
カタログ一覧
Pマーク