『企業の仮想データ統合を実現する』 スマートインサイト株式会社 SMART/InSight Corporation


2014年01月27日SMART/InSight® G2 V2.5.1を出荷開始いたします

2014年1月27日

スマートインサイトは企業情報活用基盤SMART/InSight® G2 V2.5.1を出荷開始いたします
~Product360、Customer360、Knowledge360を推進してまいります~

スマートインサイト株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:町田潔、以下スマートインサイト)はSMART/InSight G2の新バージョンV2.5.1を本日より出荷開始いたします。
SMART/InSight G2は構造化データ、非構造化データを問わず、企業の情報活用を促進するサーチアプリケーションとしてご利用いただいてまいりました。また、昨今のビッグデータやクラウドに関するテクノロジーの発展とともに、市場では既存データ活用の必要性が再認識されてきています。新バージョン2.5.1は以下の機能を向上させ、企業全体での情報活用を実現させてまいります。
1. 統合情報環境における操作性向上によるサーチ横断処理の向上
2. グラフィックに計算値を取り込む等、分析機能の向上
3. ドキュメントプレビューやNotes情報取り込み等、非構造化データ処理機能の向上
上記機能を拡充することによりSMART/InSight G2 V2.5.1は分散された情報を企業活動の本質となる、製品(Product360)、顧客(Customer360)、知見(Knowledge360)という3つの軸に統合配置し、企業活動に必要な情報活用基盤を提供いたします。
0127_011
 
 
具体的な各分野での利用形態では、SMART/InSightはまず製造業において、品質の向上や設計の効率化を目的に多くのお客様でご利用いただいてまいりました。今回のバージョンアップにより、検索条件を一定にし、部品情報や過去トラブルなど異なる種類のデータを一括検索し、可視化することができます。また、数値を集計しドリルダウンできることにより、製品の重量、コスト、消費電力などを分析することも可能です。設計技術の共有や標準化の推進、また品質の向上やトラブル事前防止を含めた統合的な360°の視界をご提供いたします。
0127_033
 
 
サービス分野においては顧客データや売り上げデータといった従来の分析に加え、アンケートやSNS等、有効利用が始まった非構造化データを統合した顧客力向上プラットフォームを提供することができます。売り上げ分析からインターネット上の声、営業の声、既存顧客の声まで統合した環境で集計、可視化を行うことができます。
0127_044
 
 
上記内容をさらに統合し、社内に散在する文書や分析データから社内の知見を引き出す統合プラットフォームとして機能いたします。SMART/InSight G2 V2.5.1は単なる情報活用の一機能を提供するのではなく、すべてのユーザーが知見を高める企業全体の情報活用プラットフォームとしてご利用いただける製品です。
0127_055
 
 
■商標について
SMART/InSightはスマートインサイト株式会社、登録商標です。Product360、Customer360、Knowledge360はスマートインサイト株式会社の商標です。他の製品名、サービス名は各社の商標です。
■本件に関するお問い合わせ先
スマートインサイト株式会社
マーケティンググループ
財前 潮
TEL : 03-5823-4609
E-mail: marketing@smartinsight.jp

  • facebook
  • Twitter
  • hatena
無償ハンズオンセミナー
カタログ一覧
Pマーク