『企業の仮想データ統合を実現する』 スマートインサイト株式会社 SMART/InSight Corporation

SMART InSight G2

Customer 360

SMART/InSight G2 Customer 360

営業活動の質を高めるには、SFAやCRMなどのシステムと営業日報、提案書、コールセンターログ(顧客対応履歴)などを統合し、顧客視点で情報を活用することが効果的です。クレームを未然防止するためにノウハウを共有したり、社内外に散在する情報を集約・分析して次期製品の企画に活用したりすることも、企業の営業活動には欠かせません。ビジネスのクオリティとスピードを高める顧客・営業管理向けソリューション──それが、スマートインサイトの「Customer 360」です。

既存のデータはそのままで、社内外に散在する顧客情報を仮想的に統合し可視化することが可能です。
 
 
Customer 360 ソリューション概要
 

Customer 360 課題とソリューション

customer_08

Customer 360 Customer 360 Customer 360 Customer 360 Customer 360 Customer 360
1 マーケットの声、顧客の声を製品の企画に取り入れることができていない
4 顧客の声や状況が次のビジネスチャンスに生かされていない
SMART/InSight導入後・・・
SNS、SFA、CRMなど分散しているマーケットや顧客の声を一元的にまとめ、製品企画に取り込むことができる。
SMART/InSight導入後・・・
要望、クレーム、問い合わせといった顧客の声や状況を分析でき、次の新製品企画への活用が可能になる。また、顧客担当営業の移動などがあった場合でも、過去の営業報告やカスタマーサポートに入った顧客の声を短時間に取り出すことができ、これからの営業活動に活かすことができる。事業部間での顧客情報の共有も行うことができる。
2 販促活動がどのように売上に結びついているのかわからない 5 売り上げ状況、営業の進捗、問い合わせ状況などを把握するのに、人手に頼らざるを得ない。
SMART/InSight導入後・・・
販促活動と売上状況の関係が可視化できるため、販促活動の投資対効果の把握やベストプラクティスを横展開するといった効果的な営業活動を行うことができる。
SMART/InSight導入後・・・
売り上げ、営業の進捗、問い合わせ状況をリアルタイムに必要な部署間で共有することができ、現場で人づてに確認しなくても迅速に実行に移すことができる。
3 組織毎に顧客データベースが存在し、会社全体として顧客の状況を把握できていない 6 クレーム、製品事故などの対応に時間がかかってしまう。
SMART/InSight導入後・・・
顧客の名前や住所などをキーとして複数の顧客データベースを検索すると顧客の重なり具合を見ることができ、より深い顧客行動の洞察が得られる。顧客の動向を時間軸、製品軸などで分析することができる。
SMART/InSight導入後・・・
クレームや事故の起きた製品に関する社内外の情報の検索、連携が容易にできるので、問題発生から情報の集約、原因分析、解決までスピーディーに行える。

 

Customer 360 ソリューション構成図

product_06

Customer 360 ソリューション一覧

テーマ 課題 解決のポイント
1 アンケート分析 アンケート等のデータはあるが数値集計のみで、少数意見だが重要なものの発見や類似意見の検索などができない。 SNSやCRM等分散した顧客の声を統合し、同じユーザインターフェースで検索することができる。
2 顧客DB統合 事業毎に顧客が管理されており、会社として事業間の相乗効果を生み出せていない 事業部毎に分かれた顧客管理システムを、システムに手を加えることなく仮想的に統合して顧客を一元的に管理することができる。A事業の顧客にB事業製品をプロモーションするなど、事業部間の顧客統合や、M&Aにおける顧客データベース統合にも威力を発揮することができる。
3 VOC集約 SNS、CRM、SFAそれぞれにおいて、顧客の声がどのように関連しているのかわからない SNS、CRM等、個別に分かれたデータを統合的に分析することができる。CRMでよく出てくるキーワードや顧客のコメントがSNSでも同様に出ていないか確認すること等が可能である。
4 顧客セグメンテーション 顧客データ、売り上げデータ、CRM等のシステムが連携しておらず、売り上げ情報から対応する顧客、問い合わせをしている顧客の購入履歴を見るなどの分析ができない。 CRM、SFA、ERPなど既存のシステムに手を加えることなく、データを仮想統合し、連携した情報の検索が可能である。
5 CRM問い合わせ
対応効率化
CRMを導入しているが、FAQを作成するなどして、問い合わせを削減することができていない。 問い合わせに対し、コメントやタグ付けを自由にできる。また、製品カタログに対してもコメントやタグ付けができるため、顧客毎の問い合わせ履歴だけでなく、オペレータや営業のコメントを追加し、情報を共有することができる。

 

  • facebook
  • Twitter
  • hatena
  • evernote

カタログ一覧
Pマーク