『企業の仮想データ統合を実現する』 スマートインサイト株式会社 SMART/InSight Corporation

SMART InSight G2

Product 360

製造業の課題を解決

SMART InSightの導入により「製造業の見える化」を実現し、製品品質を維持・向上しながら設計の効率化を計ることができます。また、リコールやクレーム、故障などの問題発生時には多面的に原因を特定して、迅速かつ適切な行動を可能とします。

製造業の業務と課題

Product 360 Product 360 Product 360 Product 360 Product 360

 

【1】類似部品や、過去トラブルなどの情報を捜すことに時間が取られ、設計時間が十分に取れず結果として手戻りが発生している

SMART/InSight導入後は・・・
SMART/InSightは既存システムに手を加えることなく複数DBの仮想統合が可能なので、スペックや原価の比較を一覧できる画面を実現。結果として、設計・品質に関する社内の設計情報、修理情報、試験情報、製造情報、および社外情報(事故やクレームなど)を一元的に統合し製品開発に活かすことができる。

 

【2】品質問題が起こった際に一連の情報として調べるのに労力がかかる

SMART/InSight導入後は・・・
クレーム情報からリコールの可能性を調査、その際にクレーム情報だけでなく、設計製造データも参照。また、BOM、仕様、調達、図面、品質など同じ製品の情報でも様々な角度で別のシステムに保存され、独立・分散している各システムの品質に関する情報を一括して閲覧できるので、迅速に問題の波及範囲を特定することができる。
具体的には・・・
これまで手作業で行っていたドキュメントソース検索からレポーティングまでの作業が自動化されたことで、検証担当者の作業工数は10分の1以下に効率化されています。特に若手にとっては、品質情報分析システムが示すリストそのものが、重要な”気づき”を与えてくれる知見や洞察そのものであり、その価値はまさにプライスレスです。(株式会社本田技術研究所様事例より)

 

【3】品質情報がサポートサービスで利用できていない

SMART/InSight導入後は・・・
フィールドで発生している問題から同様の問題を検索。また、本部の製品情報から基地のトラブルを検索。品質部門からもフィールドで起きているトラブルをあらゆる角度から分析し行動に落とすことができる。

 

【4】多数の閲覧実績があり価値ある情報であっても、多くの人に気付かれずに置かれたままになっていて、業務に生かされていない

SMART/InSight導入後は・・・
各部署に分散された技術文書を統合可視化。各データはメタデータで絞り込み、加えてユーザーのメタデータやコメントを付加する事ができ、ナレッジの共有を実現。

 

【5】過去の設計データが活かされていない

SMART/InSight導入後は・・・
設計に必要な情報が複数システムに散在していても適切な情報が入手でき、似たような部品をゼロから設計することを未然に防ぐことができる。また、在庫や生産計画を調べることができ部品の標準化を支援。
 

 
製造業の業務と課題

  • facebook
  • Twitter
  • hatena
  • evernote

カタログ一覧
Pマーク