臨床開発データ活用基盤の構築

背景

業界をとりまく環境が大きく変化する中、より質の高いスピーディーな臨床開発を目指し、業務を通じて得た豊富なKnowledge(情報・実績・経験・知識)を有効活用した『強み』を顧客に提案することが必要とされています。この仕組みの実現にMμgenをご利用いただいています。

目的/狙い

過去の実績を分析した結果を元に顧客へ最適な提案ができるようになること。分析結果から臨床開発業務における意思決定に必要な情報収集、代替案の作成・選択をより効率化することを狙いとしています。

  • 各システムの各種データを一つに集約し、キー項目を用いて情報(データ)をつなげることで様々な角度から分析
  • 仮想データ統合によりオンタイムで最新データが利用可能
  • 過去の実績から精度の高い顧客提案ができるようになる
  • タイムリーなPJ進捗管理が可能になる