スマートインサイト株式会社現場で生まれるデータ活用のお悩みを「見える化」BIツールがスピーディーに解消します。

企業と社員のために、使えるBIツールを。
企業と社員のために、使えるBIツールを。

スマートインサイトはMugenバージョン2.3を10月よりリリース致しました。詳しくは プレスリリースをご覧ください。

このMugen バージョン2.3リリースに合わせて、2019年10月15日(火)~18日(金)に幕張メッセで開催される「CEATEC 2019」において、イノベーショントークステージ、セミナー講演の他、スマートインサイトの仮想データ統合アプリケーション「Mµgen」ブースを出展させて頂きます。

展示ブースのご案内
会場エリアマップ

展示ブースのご案内

― CEATEC 2019 講演内容 ―

「Mµgen」
ご採用企業様
ご採用企業順(一例)

TOYOTA
TOSHIBA
NIPPON SEIKI
YAMAHA
HONDA
DENSO
CMIC
ADVIOS
BANDAI NAMCO Entertainment

データに関する
現場のお悩みを解消します。
チームと企業のために

Mµgenミュージェンは、全ての方へ向けた
現場で生まれるデータ活用のお悩みを

「見える化」BIツールがスピーディーに解消します。

お悩み1

資料ばかりで
使えるデータがない

お悩み2

コストを抑えて、
使いたい

お悩み3

IT専門知識がなくても
上手く使いたい

お悩み4

色々なやり方で
予測や分析をしてみたい

Mµgen(ミュージェン)とは?
仮想データ統合アプリケーション

企業内外のシステムが生み出すデータが大量になり、かつ多様化していく中、
肝心のビッグデータやIoTデータを、企業課題解決のためにチームで活用しきれていないという声が後を絶ちません。
Mµgenミュージェンはデータ同士を結びつけることで、単なる情報の整理だけでなく、
新たな課題の発見や高度な分析を可能にします。

導入事例
導入企業様一例

Mµgen(ミュージェン)の
導入事例をご紹介します。

導入事例 BANDAI NAMCO Entertainment

株式会社バンダイナムコエンターテインメント 様

【導入前の主な課題】

肥大化するシステム構築コストを抑え最適化すること、また5つの業務システムとファイルサーバーには多様な情報が日々収められており、ビジネス上の課題をタイムリーにこなせるデータ分析システムの導入が必要である。

株式会社アドヴィックス 様

【導入前の主な課題】

工場全体の状況把握を図るために、工場入口から出口までの分断された様々な情報を迅速に分析する必要がある。また、IoTデータを含む膨大な生産現場のデータ活用が求められている。

シミックホールディングス株式会社 様

【導入前の主な課題】

業界をとりまく環境が大きく変化する中、より質の高いスピーディーな臨床開発を目指し、業務を通じて得た豊富なKnowledge(情報・実績・経験・知識)を有効活用した『強み』を顧客に提案することが必要とされている。

続きはcoming soon...

Mµgen(ミュージェン)の
導入事例

Mµgenミュージェンによる
課題解決へのプロセス

STEP1

データ準備

Mµgenミュージェンの導入は、データウェアハウスが必要なBIツールと比べて、ハードルは非常に低く、コスト面、導入時間ともに抑えることができます。むしろビジネスに効果の出るデータを準備できるかどうかというところにパワーを注ぐことが重要です。データを活用するシナリオができたら、さあスタートです。

導入イメージ

STEP2

データ接続・蓄積

ビジネス効果の出そうなデータにあたりがついたら、90種類を超えるコネクターを利用して多様なデータへの接続を行い、Mµgenミュージェンでデータ読み込みモデル化します。Mµgenミュージェンではデータ接続とデータ格納や蓄積のお悩みも一手に解決します。

データ接続・蓄積イメージ
  • Connector 2.0

    多様なビジネスデータやビッグデータに対して160種類を超えるコネクターを用意しました。これでMµgenミュージェン内の「Column Data Store」にデータを投入し・即座に利用開始することができます。

    もっと見る
  • Column Data Store

    TB/PBクラスのデータを高速に扱うことのできる、高性能カラム型データベースをご用意しました。通常のデータベースと異なり、データ分析やデータ検索に適した構造を持つスケーラブルなカラム型データベースをローコストにご提供します。

STEP3

見える化

各データを独自のアルゴリズムで関連付け、事前にデータウェアハウスを設計・構築することなく仮想データ統合を実現します。これにより、データを「統合(インテグレーション)」ではなく「組み合わせ(ブレンディング)」して、より多様な分析・活用が可能にします。最初に検討したデータ活用シナリオをいくつも試して・変更して進化させてゆくスパイラルなアプローチで「見える化」を進めましょう。

見える化イメージ
  • Enterprise Data Graph

    データモデル間の関連性を独自のアルゴリズムで自律的に発見し、グラフィカルに表示します。

    もっと見る
  • SMART DataChain

    Enterprise Data Graphで発見された関連をダッシュボードからダッシュボードへと、あたかもデータがチェーンのように繋がって次々と表示されてゆきます。多様なデータをデータチェーンによって探索し「見える化」を実現します。

    もっと見る
  • Dashboards

    グラフ、表(テーブル)、マップなどの豊富なビジュアルテンプレートを用いてデータの可視化を進めることができます。データに関連するドキュメントも合わせて検索・表示するなど、データとドキュメントなどの融合したダッシュボードを作ることもできます。

    もっと見る
  • Mµgen Search

    ビジネスの現場で作成されたダッシュボードやデータをチームメンバーや他のチームでも共有し、活用してゆくも最もシンプルな手段を用意しました。詳細を知りたいコード番号やキーワードを入力することで、そのデータが「見える化」されているダッシュボードへ瞬時にアクセスすることができます。

    もっと見る

STEP4

高度な分析

ブレンディングされたデータセットを用いて、多角的な仮説の立案や検証を行うことができます。社内のあらゆる部署の方が直感的に操作・分析が行えるような快適なインターフェイスもMµgenミュージェンの大きな魅力の1つです。

高度な分析イメージ
  • SMART DataBlending

    データ統合からデータブレンディングにより、より多様で、高度な分析・活用が可能なデータセットを利用者に提供します。ビジネスユーザが見たい視点を自ら設定して利用しながらAIのようなより高度なデータ活用へと発展させることが可能になります。

  • SMART Data Set & Export

    SMART DataBlendingにより作成したデータセットをExcelや他のBIツール、さらにはAIや解析専用ツールなどの外部ツールやクラウドサービスなどで利用することができます。

Mµgenミュージェンと高度な分析の一例

  • AI / 機械学習

    AIや機械学習で必要となるトレーニングデータ生成の工数を大幅短縮することが出来ます。

  • IoT

    大量のセンサーデータとエンタープライズデータを組み合わせ分析することが出来ます。また分析結果を外部の専用ツールと連携することでより高度に活用することも可能です。

業務化・業務プロセス改革

Mµgenトライアル
をしてみませんか?

Mµgenミュージェントライアル
ご利用の5ステップ

Mµgenミュージェンの機能を充分に理解していただくために、
Mµgenミュージェントライアルをご用意いたしました。是非使ってみてください。

トライアルについて
詳しく見る

Mµgenトライアルのご利用方法
ミュージェントライアル

BIツールに関して、「活用しきれない」「いまいち使い方がわからない」というような声も少なくありません。私達は、そのような導入後のギャップや失敗を防ぐためにも、Mµgenミュージェンについてしっかりご理解いただいた上でご利用いただきたいと考えています。

ここまでMµgenミュージェンのご紹介をご覧いただき、導入をご検討いただけるようでしたら、ぜひ下記のお問い合わせフォームよりご連絡下さいませ。担当より、セミナーやMµgenミュージェントライアルに関するご案内をさせていただきます。

トライアル専用
お問い合わせフォーム

よくあるご質問

その他お問い合わせ
資料請求
ページのトップへ戻る