デジタルトランス
フォーメーション
(DX)時代に求められる
経営戦略

データドリブンイノベーションを起こすための「デジタルトランスフォーメーション経営」の五つのポイント。

情報のデジタル化

情報のデジタル化

自社の情報・ナレッジ(設備情報とベテランなどの人間系情報)をデジタル化し、設備と業務プロセスを連結させる。個人知から組織知へ進化させ、暗黙知を伝承させてゆく。

ポイント1

オペレーションのデジタル化

オペレーションのデジタル化

顧客と自社のエコシステムに関わるすべてのシステム、すなわち開発(CAD, PLM), 財務, 会計, 人事管理(ERP), 顧客管理(CRM), サプライヤ・物流管理(SCM)などのすべての業務システムをデジタル化し、統合するグローバル統合型ものづくりITシステムを構築する。

ポイント2

人材のデジタル化

人材のデジタル化

機械と人を教える(Teach Machine、Teach people)→企業が保有したデータを入力してマシンラーニングで人工知能のレベルを高めて、そして運用する人を教えるデジタル人材の育成を進める。

ポイント3

最新デジタル技術導入のためのオープンイノベーション

最新デジタル技術導入のための
オープンイノベーション

GoogleのDeep Learningなどの外部のAI技術を素早く導入する仕組み(最新技術の探索・センシング能力と活用能力)→ Google/Facebookなどの最新AIアルゴリズム導入、あるいはAIベンチャーの活用

ポイント4

個人知を組織知にまとめる人材と組織を新設

個人知を組織知にまとめる
人材と組織を新設

システムアーキテクトと経営陣直属のアーキテクチャ室設置の提案

ポイント5

埼玉大学人文社会科学研究科教授 東京大学ものづくり経営研究センター 特任准教授 朴 英元 氏による 「データドリブンイノベーション、 デジタルトランスフォーメーション時代に求められる経営戦略」より

高度な分析・活用を実現するMµgenの新機能

高度な統計分析を簡単に実現

テキストデータをAI解析で高度に活用

DXを推進する上で重要な
「データ活用」でお困りの方へ

こんなお悩みはありませんか?


業務改革DX推進ツール
「Mµgen」ミュージェンでできること

Mµgenミュージェンは既存システムを変更する必要なく、仮想データ統合技術を元に、企業内にあるデータベースやファイルサーバー、手元にあるエクセルなどのデータ、さらには外部にあるSNSデータなど、多様で膨大なデータもスムーズに統合して「見える化」を実現できます。

【ホワイトペーパー】
既存のシステムに手を加えずに導入できデータ活用を促進する
部門毎のデータを横断的に素早く仮想的に統合しすぐにデータ活用が始まるDX推進ツール

Mµgenミュージェン
の仮想データ統合とは

  • 可視化しながら考えるアプローチ

    可視化しながら試行錯誤できるスパイラルアプローチは、企業が抱えるシステム課題にマッチしたアプローチと言えるでしょう。将来的なデータの追加にも柔軟かつ迅速に対応できます。

  • 短期導入の実現

    スパイラル・アプローチにより即利用可能。ユーザが実際利用しながらデータの精度・利用価値を高めていくことが可能です。

  • 導入コスト・リスクの削減

    データウェアハウスが必要なBIツールと比べて、ユーザニーズのギャップが発生するリスクが少ないため、ハードルは非常に低く、さらにコストを抑えることができます。

MµgenミュージェンはIoTが生み出す、ビッグデータを含む散在する様々なデータを統合活用することが可能です。

Mµgenミュージェンご採用企業様

TOYOTA
TOSHIBA
YAMAHA
HONDA
DENSO
NIPPON SEIKI
ADVIOS
ペルノックス
オムロンヘルスケア
CMIC
中外製薬
香川大学

オンライン相談会

データ活用に関する課題やお悩みをお持ちの方へ無料相談会を開催しております。お気軽にご相談ください。

資料ダウンロード

DX推進ツール「Mµgen」の各種資料や導入効果を上げているお客様事例もダウンロードいただけます。


Mµgenミュージェン導入前~導入後の変化

Mµgen(ミュージェン)ができること

Mμgenミュージェンを導入する
メリット

導入が簡単

複雑に連携している既存システムはそのままに、迅速かつ簡単にデータ分析基盤を構築できる。新たな仕組みを構築するにはそれ相応の作業負担とコストがかかるが、短期導入の実現・導入コストの削減が可能。

誰でもかんたん分析

IT人材の不足・業務の属人化の課題を解決し、社内のあらゆる部署の方と情報を可視化したグラフをダッシュボードで共有し、誰でも直感的に操作・分析が行えるような快適なインターフェイスで利用できる。

BI機能+DX推進ツール

BI機能に加えて、文書検索・テキストマイニングなどとも組み合わせて利用できるのが特徴。誰でもあらゆるデータの集計・抽出・分析などが行えるため生産性・業務効率の向上につながる。

オンライン相談会

データ活用に関する課題やお悩みをお持ちの方へ無料相談会を開催しております。お気軽にご相談ください。

資料ダウンロード

DX推進ツール「Mµgen」の各種資料や導入効果を上げているお客様事例もダウンロードいただけます。

Mµgenミュージェンの特長

Mµgenミュージェンはデジタル化されたあらゆる情報を全てつなぎ活用することができる製品です。
データとの接続や大容量データの格納などデータ活用周辺のお悩みも一手に解決します。
そして社内のあらゆる部署の方が直感的に操作・分析が行えるような快適なインターフェイスでご利用いただけます。

ダッシュボード

グラフ、表、マップなどの豊富なビジュアルテンプレートを用いてデータの可視化を進めることができます。データに関連するドキュメントも合わせて検索・表示するなど、データとドキュメントなどの融合したダッシュボードを作ることもできます。

ダッシュボード

特許取得のMµgen独自技術

特許を保有している独自機能スマートデータチェーンによって多様な情報を繋ぎ合わせることができます。ダッシュボードからダッシュボードへと関係のあるデータを自動でつなぎ合わせ、追いかけていくことができる「データのなぜなぜ分析」を実現できる点が高く評価されています。

製品不良の問い合わせを受けたときに、Mµgenのダッシュボードから部品を特定し、その原因を示すことで、迅速かつ適切な対処が可能になります。

特許取得のMµgen独自技術

SMART Analytics Workbench®

データの統合からデータの自由な組合せで分析・予測を業務として実現するSMART Analytics Workbench®の構築をご提案しています。
高度なデータ分析や予測を進めるためには、仮説に基づいたデータを収集し、モデル化して、可視化して分析や予測の確認検証を進めてゆくことが求められています。Mµgenミュージェンはこの一連のサイクルをサポートします。

SMART Analytics Workbench®

200種類以上のコネクタ

データベースからCSV形式のログ、ファイルサーバーやNotes、セールスフォース、シェアポイントといったアーカイブに格納されたofficeドキュメント、PDF、増え続ける画像や映像形式ファイルなど、あらゆるデータソースへの接続を実現します。

200種類以上のコネクタ

Mµgenトライアル

Mµgenミュージェンの機能を充分に理解していただくために、無償で1ヶ月間Mµgenミュージェンを利用頂くことができます。オンラインでご参加いただけますので是非ご活用ください。

Mµgenトライアル

Mµgenミュージェン
一般的なBIツールの違い

比較 Mµgenミュージェン一般的なBIツール
特長 ビッグデータ活用及び分析というBI機能に加えて、
文書検索、テキストマイニングなどとも組み合わせて利用できる
データ活用及び分析
目的 特許を保有している独自機能スマートデータチェーンによってデジタル化されたあらゆる情報(データベース、データ、ドキュメント、画像/動画、SNSデータ等)を全てつなぎ活用できる
DX推進に不可欠なデータ活用ツールとして最適
KPI管理やレポーティング
導入 既存のシステムに手を加えずに導入できる DWHをデザイン・構築するためには多くの時間とコストとスキルが必要
拡張性 アジャイルなシステム構築で、スパイラルに小さく始めて拡張ができる
将来的なデータの追加にも柔軟かつ迅速に対応
データの追加に柔軟性に欠ける
分析 〇(データやテキストなども対象にした分析) △(データのみ対象にした分析)

「業務改革DX」で
顧客のニーズを的確に把握し、
「ビジネスDX」を
加速させませんか

Mµgenミュージェンは、DX推進に不可欠な
データ活用を強力に後押しします

オンライン相談会

データ活用に関する課題やお悩みをお持ちの方へ無料相談会を開催しております。お気軽にご相談ください。

資料ダウンロード

DX推進ツール「Mµgen」の各種資料や導入効果を上げているお客様事例もダウンロードいただけます。