生成AI活用
で社内情報をビジネス価値へ

生成AIの活用には、セキュリティ不安、引用している原典が不明、ハルシネーションと呼ばれる幻覚があるといった課題があります。これらの不安要素を理由に生成AIの活用を躊躇していては、イノベーションの可能性をつぶしてしまいます。
MµgenGAIでは、企業内情報と生成AIをベクトル技術により結びつけることにより、安心して新しいイノベーションに向けて社内情報活用ができます。日本語のドキュメントを対象に英語でチャットを行うことも可能です。社内情報を元にネット上の知識を活用して深堀していくことも可能になります。このような、生成AIの利用により、社内情報を素材にした多様な活用の可能性が広がります。

組織内情報全てを対象、
安心のセキュリティで
生成AIを利用

組織内情報全てを対象、安心のセキュリティで生成AIを利用

組織内情報を
生成AIで活用する仕組み

組織内情報を生成AIで活用する仕組み

従来の検索と生成AIを
使用したQAの違い

従来の検索と生成AIを使用したQAの違い

※記載されている会社名、ロゴおよび製品名は、各社の登録商標または商標です。